借りものの命

最近日本の音楽って本当にすごいなーって思うことが多くて


メロディや演奏もそうなんだけど、歌詞がぐっとくる。



聞いた瞬間に反応したのが椎名林檎と宮本浩次の

「獣ゆく細道」のこの歌詞。


無けなしの命がひとつ だうせなら使ひ果たさうぜ かなしみが覆ひ被さらうと抱きかゝへて行くまでさ 借りものゝ命がひとつ 厚かましく使ひ込むで返せ さあ貪れ笑ひ飛ばすのさ誰も通れぬ程狭き道をゆけ Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/sheena-ringo-hiroji-miyamoto/kemono-yuku-hosomichi/

私は天理教の家で育ったこともあり、

「身体は借り物」というコンセプトは小さい頃から

教え込まれてきた。



だから身体は大事に使うのだよ、と教わったところに

この歌詞・・・



借りものの命がひとつ 厚かましく使い込んで返せ

厚かましく使い込んで。


確かに。


人生一度きりなんだから何でも思いっきりやれよ


その機会を神様は与えてくれてるんだな。



5 views0 comments